大田区そぞろ歩き
Bar Time
2017年11月10日 金曜日
大人が落ち着いた雰囲気でお酒を飲める店

変わらないことが居心地の良さ
Bar Timeの看板
Bar Timeの看板
今回そぞろ歩きで訪問したのは、JR蒲田駅からも京急蒲田駅からも5分ほどの場所にあるBar Timeというショットバーです。オープンしたのは2003年の6月。「当時の蒲田は今ほどお洒落な町じゃなくて、大人が落ち着いて飲めるような店は少なかったですね」と話すオーナーの桑田さん。いいことがあったときも、ちょっと辛いことがあったときも、いつ来てもくつろいでいただける場所にしたいとお店を始めたそうです。Bar Time の「Time」には、そんな「いつ来ても」という意味が込められているとのこと。クリスマスやハロウィンなどのイベントごとで盛り上げるお店が多いなかで、Bar Timeはいつ行っても、いつもと同じ雰囲気で迎えてくれます。それが居心地の良さにつながっているのかもしれません。
若手ジャズマンを育てる
2階のライブステージ
2階のライブステージ
Bar Timeの2階のフロアでは月に1回、ジャズのライブ演奏をやっています。昔はジャズ以外のライブもやっていましたが今はジャズだけ。「大人の雰囲気でお酒を飲むとしたら、やっぱりジャズがいちばんでしょう」。桑田さん自身がくどき落として有名ジャズマンを呼んで演奏してもらったこともあるそうです。昔はそんな大御所のジャズマンも呼んでいましたが、最近は実力のある若手ミュージシャンを中心にブッキングしているそうです。「ここ数年ジャズを聴かせるライブハウスが減ってきていて、ミュージシャンが演奏する機会はだんだん減ってきています。日本のジャズ界のためにも、これからの時代を担う若手を育てていかなくてはなりません。そんなことからも若手を呼ぶようになりました」と教えてくれました。若手といってもその実力は折り紙つきです。
Bar Timeのお酒へのこだわり
1階のカウンター
1階のカウンター
Bar Timeのおすすめは、自家製のジンジャーシロップを使ったモスコー・ミールやジン・バックなどのカクテルと、旬のフルーツを使ったカクテルです。キウイ、パイナップル、マンゴ、イチゴなどの新鮮なフルーツをいつも用意しており、それらのフルーツをスクイ-ズしたりブレンダーしたり、お客さんの好みに合わせてカクテルを作っています。「今日はどんなフルーツがあるの」と、フルーツを選んでからカクテルを決めるお客さんも多いそうです。ジャズにはやっぱりウィスキーが似合うというお客さんには、バーボンから、スコッチまで多くの種類を揃えています。お気に入りのお酒と、ゆったりとした大人の時間を過ごしてください。
バー・タイム (Bar Time)
大田区蒲田5-28-3
JR蒲田駅/京急蒲田駅徒歩約5分
電話:03-3732-8188
営業時間:月-土 18:00-翌4:00(L.O.翌3:30)
     日・祝 18:00-翌1:00(L.O.翌0:30)
定休日:不定休
前の記事 hiff cafe tamagawa