お知らせ
ヤングジョブクリエイションおおた2010 出展企業インタビュー Part.2
2010年10月 5日 火曜日
やる気が会社の未来を決める。一生の仕事を見付けて欲しい。
シナノ産業株式会社:柳沢社長
柳沢社長
柳沢社長
 やる気がある若者とより広く知り合うきっかけになっているのが、「マッチングフェア」の存在。ブースでは、若者に興味を持ってもらうために、いろいろな製造品のサンプルを並べて、どのような仕事をやっているのかを一目で分かるようにしています。「マッチングフェア」の参加者は積極的に仕事の内容を聞いてくるので、本当に就・転職を希望している人が多いという印象でした。昨年度はこのフェアを通じて4人を面接し、1人を採用しました。
 当社が求める人材は、明るくて元気がありハキハキ話すことができる人。そして、やる気がある人です。今年の4月に採用した千葉さんは、三次元CADを勉強するために、江東区から職業能力開発センター大田校に通っていたこともあり、目的意識がハッキリとしていて、やる気のある人だと感じました。そして面接では、その目に輝きを感じ採用を決めました。やる気があれば、男性でも女性でも採用したいと思っています。
柳沢社長とこのフェアを通じて入社した千葉さん(右)
柳沢社長とこのフェアを通じて入社した千葉さん(右)
 働きやすい職場の環境作りで気を付けていることは、自分があまりでしゃばらないで、「ああしろ、こうしろ」とは言わずに、社員の意見を尊重すること。そして、皆の仕事ぶりをしっかりと見て、その仕事ぶりをきちんと評価することです。そこに一番気を使っています。長く働いている人が多いのはそのためかもしれません。現在、平均年齢は30代。これから会社をステップアップしていくためにも、新しい機械を入れたいと思っていますが、私達だけじゃ追いつけない。そのためにも若い人の力が必要です。
 「マッチングフェア」に参加する若者の皆さん、仕事は皆さんの一生を左右します。だからこそ、よく見極めることが大切。納得するまで話を聞き、長く勤めることができる会社を選んで欲しいと思っています。
前の記事 ヤングジョブクリエイションおおた2010 出展企業インタビュー Part.1
参加企業募集のお知らせ【募集終了】 次の記事