cOnTAct!
五感で味わう!サンタからの贈り物
2010年12月14日 火曜日
マミフラワーデザインスクール
マミフラワーデザインスクール
JR大森駅にほど近い「マミフラワーデザインスクール大森山王教室」(山王2-11-6)で、12月4日・5日の2日間、「クリスマスフェスタinマミ」が行われた。
当日は教室を一般開放し、同校の講師や卒業生による、自然素材を活かしたオリジナル作品約3,000点が所狭しと並ぶバザーが行われた。
地下では、本の読み聞かせやダンス、演奏、落語など、クリスマスにちなんだ華やかなステージが繰り広げられた。この日のために結成されたという「マミバンド」では、マミフラワーデザイン主宰の川崎景太さん・同スクール校長の川崎景介さんが自らボーカルを務め、熱唱を披露する一幕も。子どもたちにプレゼントを届けにサンタもかけつけるなど、場内はクリスマス一色。
「マミバンド」の熱いステージ
「マミバンド」の熱いステージ
川崎景太さんが空間プロデュースを手掛ける「サロン・ド・カフェ・サマサマ」の料理のほか、手作りのお菓子などがふるまわれた「食のコーナー」もあり、子どもからシニアまで1日ゆったりと楽しめる、心温まるイベントとなった。
一般に開放しての大々的なイベントは、実に7年ぶりの開催となる。今年は地元・大田区を強く意識し、会場内に大田区の作家コーナーを設けた他、地元のさまざまなアーティストの出演協力のもとイベント開催へとこぎつけた。「こんな世の中だからこそ、ここからまちを元気にしたい」と川崎景太さんは語気を強めた。
大田区内外のアーティストによる作品が会場を彩る
大田区内外のアーティストによる作品が会場を彩る
1962年に大森で創設された、日本初の本格的なフラワーデザインスクール「マミフラワーデザインスクール」。華道が主流だった日本において、欧米のフラワーアレンジメントの手法をいち早く取り入れ「フラワーデザイン」というジャンルを確立してきた。日常生活に根ざした花のありかたを追求し、生花から葉、その枯れ姿までをいとおしむ、その自由な思想は、国内外に350もの教室となって広がっている。
今回のイベントでの売上の一部は、大森ふるさとの浜辺公園で進められている松の植樹に充てられる予定だという。最後まで、自然を尊重する「マミフラワーデザインスクール」ならではの創意工夫がちりばめられていた。
前の記事 地元の〈名産〉勢ぞろい「大森町サマーフェスティバル」
コミュニケーションツールで、心も通いあう商店街へ 次の記事